保護者の方へ

稽古内容について

稽古は、 準備体操 → 基本稽古 → 移動稽古 → 型 → 組手 の中から、その日によってアレンジして行います。
長い時間をかけて、ゆっくり身につけていくよう指導します。

昇級システムについて

白帯からスタートし、オレンジ帯 → 青帯 → 黄帯 → 緑帯 → 茶帯 → 黒帯 と昇級していきます。
昇級審査は年2回行われ、稽古中に先生より許可を得た方だけが受けることができます。

礼・挨拶について

道場へ入・退室する際には、
必ず正面に大きな声で「押忍(おす)」と挨拶をしてください。
また、道場に来たときには、先生に対しても必ず挨拶をします。
礼と挨拶については、妥協せずに一回一回厳しく指導していきます。

月謝について

毎月末日に銀行口座から引き落としといたします。
3ヵ月間滞納が続き空手続行の意志がないと判断された場合には、 退会処理となります。
小学校から中学校へ進学した場合には、
「少年・少女の部」から「一般部」へと移りますので、月謝も変更となります。

休・退会の手続きについて

やむを得ぬ事情で休会・退会される場合は、
直接道場へお申し込みください。
休会・退会は申し込みをされた翌月からの適用となりますので、
早めに手続きをするようにしてください。
休会の場合は、休会費として毎月1,000円をいただきます。

保護者の方の付き添いについて

送り迎えだけで付き添いはしない、というのが一般的なようです。
ただし、トイレや病気、けが等の心配がある場合(事前に報告して下さい)には、
その状況に応じて判断してください。
稽古の終了時間を目安に迎えに来られると良いでしょう。

稽古に遅れた時は

クラブや部活動等で稽古に遅れてしまうのは、やむを得ないことです。
途中からでもよいので、道場に足を運ばせるようにしてください。

親子で空手を

親子で空手をされることは素晴らしいことです。
現在すでに多くの親子が一緒に汗を流しています。
子供と同じ時間や価値観を共有するということは、子供たちにとても良い影響を与えます。
※ 小学5年生以上のお子さんであれば、大人のクラスに一緒に参加することが可能です。
※ 兄弟・家族で稽古される方の為に家族割引を実施しています。詳しくはお問い合わせください。

最後に

子供達が空手を習う目的は空手技術の習得にあるのではなく、人間としての強さを養うことにあります。
人間としての強さとは、つらいときや苦しいときにこそ前向きにがんばる心を持っているということです。
心は口で教えて強くなるものではありません。痛さや苦しさを経験し、それを乗り越えることによって強くなっていくのです。
強さと優しさを兼ね備えた、礼儀正しいワンパク少年・少女を目指し、指導していきたいと思っています。