空手を始める方へ

稽古内容について

稽古は、 準備体操 → 基本稽古 → 移動稽古 → 型 → 組手 の順で行います。
あせらずにゆっくりと一つ一つの技を身につけてください。

昇級システムについて

白帯からスタートし、オレンジ帯 → 青帯 → 黄帯 → 緑帯 → 茶帯 → 黒帯 と昇級していきます。
昇級審査は年2回行われ、稽古中に先生より許可を得た方だけが受けることができます。

礼・挨拶について

道場へ入・退室する際には、
必ず正面に大きな声で「押忍(おす)」と挨拶をしてください。
また、道場に来たときには、先生・先輩に対して必ず挨拶をします。
道場ではお互いに挨拶をするように心懸けましょう。
返事はすべて「はい」ではなく「押忍」と言うようにしてください。
最初は少し抵抗を感じるかもしれませんが、意識的に行うようにします。

月謝について

毎月末日に銀行口座から引き落としといたします。
3ヵ月間滞納が続き空手続行の意志がないと判断された場合には、
退会処理となります。

休・退会の手続きについて

やむを得ぬ事情で休会・退会される場合は、
直接道場へお申し込みください。
休会・退会は申し込みをされた翌月からの適用となりますので、
早めに手続きをするようにしてください。
休会の場合は、休会費として毎月1,000円をいただきます。
なお、高校・大学等受験による休会の場合、休会費はいただきません。

稽古に遅れた時は

学校や仕事の関係等で稽古に遅れてしまうのは、やむを得ないことです。
何ら気にせず、道場に足を運んでください。
また、稽古終了後1~2時間位は自主トレできる様、道場を開放します。
時間がない時には自主トレだけでも結構です。
大いに活用してください。

シニアの方々へ

鳴海道場の大きな特徴は40代から50代の働き盛り世代が多いということです。
無理なく怪我なく心地よく稽古できるよう配慮して指導しております。
青森県は日本一の短命県ですが、空手を始めて五十肩や慢性疲労が改善された、健康診断の数値が正常値になった等、多くの報告をいただいています。

女性の方々へ

鳴海道場のもう一つの特徴は女性の会員が多いこと。特に子育て世代の方々が多いのが特徴です。
体を動かすことによって筋量が増え、冷えが改善されます。
内面に自信がつき、自然に表情が柔らかくなるのが判ります。
特に女性の場合は、怪我の無いように細心の注意を払って指導しております。

最後に

空手の修行は一生をかけて行っていくものです。あせったり、他人と比べる必要は全くありません。
ゆっくりと確実に自分のペースを守りながら続けてください。
一番大切なことは継続するということです。
精神的に強いということは、打たれ強さ・粘り強さを継続できるということです。
まずは緑帯を取ることを目標に稽古を続けてください。
その頃には、もっと大きな目標を見つけ、稽古に励んでいることでしょう。